半畳を入れる/はんじょうをいれる

半畳を入れるの意味

半畳を入れるとは、他人の言動を茶化したり、非難したり、野次ったりすること。「半畳を打つ」「半畳」とも。

半畳を入れるの由来・語源

半畳は、江戸時代の芝居小屋で敷く、半分ほどの茣蓙ござ)のこと。
現在の座席指定料のようなもので、の芝居小屋の客席は土間であったため、観客が入場料として半畳を買い、これを敷いて見物していた。
役者の演技が気に入らないとヤジを飛ばし、この半畳(茣蓙)を投げ入れたことから、「半畳を入れる」と言うようになった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。