不届き/ふとどき

    意味

    不届きとは、配慮・注意が行き届かないこと。不注意なこと。道理や法にそむく行いをすること。不埒なこと。

    不届きの由来・語源

    古くは、不届きを「ぶとどき」ともいい、文字通り「届かないこと」の意味であった。
    届かない対象が「法」や「道理」に当てられて、道や法にそむいた行為を意味するようになり、転じて「不埒なこと」「不注意なこと」も意味するようになった。
    不届きは、中世後期以降、文書用語として用いられた言葉で、近世以降、武士の会話の中でも使われるようになった。
    町人の間では、武士の威圧的な態度を表す言葉と受け取られ、武士をからかう際に「不届き」が用いられることもあった。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。