アイナメ/鮎並/鮎魚女/あいなめ

意味

アイナメとは、カサゴ目アイナメ科の日本近海の岩礁域に多く生息する。体側に五本の側線がある。食用。アブラメ。アブラコ。

アイナメの由来・語源

アイナメの語源には、アユのように滑らかなので「アユナメ(鮎滑)」が転じたとする説と、アユに似ていることから、「アユナミ(鮎並)」が転じたとする説がある。
滑らかな魚は、アユとアイナメだけではないので「アユナメ(鮎滑)」の説は考えがたく、「アユナミ(鮎並)」の説が良い。
アユに似ているのは見た目の姿ではなく、アユのように縄張りを持つからか、アユのように速く泳ぐところからであろう。
「アユナミ」から「アイナメ」に転じたのは、魚を示す接尾語「メ」が影響したと考えられる。
一説には、「アイ」は「愛」、「ナ」は「の」、「メ」は魚名の語尾に付く語で、「愛の魚(賞賛すべき美味な魚)」の意味とも言われる。
しかし、魚の名は姿や生態に由来するのが一般的で、味から付いた名であれば、味を賞賛した文献が多く見られるはずなので考え難い。


TOP