ユーカリ

ユーカリの意味

ユーカリとは、フトモモ科の常緑高木。オーストラリアを主に分布し、500種以上ある。は精油をとったり、健康茶に利用。材は建築などに使用される。コアラの食物としても知られる。

ユーカリの由来・語源

ユーカリは、学名(属名)の「Eucalyptus」を英語発音した「ユーカリプタス」の略で、正式和名は「ユーカリの木」である。
「Eucalyptus」はラテン語であるが、ギリシャ語で「よく」「誠に」を意味する「eu-」、「覆った」を意味する「kalyptos」からなる語。
つまり、ユーカリの語源は、「よく覆われた」「よく包まれた」を意味するギリシャ語である。
この意味から命名された由来は、ユーカリのつぼみは萼(がく)と花弁がくっついていて、蓋に覆われたような形状をしているところからか、乾燥地で良く育ち一面をで覆うところからといわれる。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。