三度笠/さんどがさ

意味

三度笠とは、を覆うほど深く作られた菅笠(すげがさ)。

三度笠の由来・語源

三度笠は、三度飛脚が被っていたことから付いた名。
三度飛脚とは、江戸時代に江戸・大坂・京都などを毎月定期的に三度往復した飛脚のことである。
三度笠には、三度飛脚が被ったことから「飛脚笠」、深く被ることから「大深(おおぶか)」といった別名もある。


TOP