あんころ餅/あんころもち

意味

あんころ餅とは、外側を餡でくるんだ

あんころ餅の由来・語源

あんころ餅は、餅の外側をくるむ餡が衣のようなので「餡衣餅(あんころももち)」と呼ばれており、「ころも」の「も」が省略され「あんころ餅」になったという説がある。
しかし、あんころ餅は「餡転餅」と表記されたり、「あんころばし餅」とも呼ばれること。また、外側に餡をつける際、小豆餡の中で転がすことなどから、「ころ」は「転がす」の「ころ」と考えて間違いないであろう。
また、あんころ餅の作り方に由来するのではなく、「石ころ」「犬ころ」「さいころ」など、小さい物・丸い物・ころころした物に添えられる「ころ」とも考えられる。
ただし、これらの「ころ」は「転がる」の「ころ」と同源なので、「衣」の「ころ」のように全くかけ離れた説というわけではない。

「あんころ餅」の別名・類語

1

2

TOP