痘痕/あばた

あばたの意味

あばたとは、天然痘が治った後、皮膚に残る小さなくぼみ。

あばたの由来・語源

あばたは、「かさぶた」を意味するサンスクリット語「arbuda(アルブタ)」の音写「あ浮陀(あぶだ)」が訛った語。
あぶだは「あぶだ地獄」とも言い、寒さによって苦しめる「八寒地獄」の地獄名のひとつで、ここに落ちた者は厳寒のため、に水疱(すいほう)ができるとされた。
そこから、僧侶の間では、天然痘が治った後にに残るのようなものを「あばた」呼ぶようになり、それが一般にも広まった。
1980年、WHOが天然痘の全滅宣言を出しているため、「あばた」も存在しない。
しかし、意味の派生によって、現代では吹き出物の傷跡などを「あばた」と呼ぶようになった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。