簾/すだれ

    意味

    すだれとは、細く割った葦やを、糸で編み連ねたもの。よけや隠しとして垂らす。

    すだれの由来・語源

    すだれは、「簀(す)」+「垂れ(だれ)」で、すだれを単に「す」と言うこともある。
    「簀(す)」は、蒸籠(せいろう)や巻き寿司をつくる際に用いられる割り竹を並べて編んだもので、「すだれ」とも呼ばれる。
    また、貴人や神仏の前に垂らすすだれは「御簾(みす)」と言う。
    「簀(す)」の語源は、「隙」「透く」など「隙間があるもの」の多くに使われる「す」で、これらは全て同源と考えられる。

    「すだれ」の類語・言い換え

    1

    2

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。