四天王/してんのう

四天王の意味

四天王とは、ある道や部門、臣下・弟子などの中で、才能や武勇に最も優れた四人の者。

四天王の語源・由来

四天王は、仏教の四人の守護神のこと。
仏教の守護神である帝釈天に仕え、須弥山(しゅみせん)の中腹にいて四方を守護する、東方の持国天、南方の増長天、西方の広目天、北方の多聞天をいう。
そこから転じて、ある分野で最も優れた四人を「四天王」と呼ぶようになった。

ものまね四天王は、清水アキラ、グッチ裕三、モト冬木、コロッケ、栗田貫一の五人で、四人ではない。
これは、グッチ裕三とモト冬木が「ビジーフォー」というコミックバンド名で一緒に出場していたためで、ものまね四天王の場合は、ものまねタレント四組を指して言ったものである。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。