おじゃん

    意味

    おじゃんとは、物事が途中で駄目になること。「計画がおじゃんになる」などと使われる。

    おじゃんの語源・由来

    おじゃんの語源は、江戸時代に使われていた、物事が途中で駄目になる意味の動詞「じゃみる」で、その連用名詞形「じゃみ」に接頭語「お」が付いて、「おじゃん」になったといわれる。
    おじゃんと意味や音が似ているため、この説で間違いないであろう。

    おじゃんの語源でよく言われるのは、半鐘の説である。
    江戸時代、火事が発生した際に半鐘を連打し、鎮火した際は「ジャンジャン」と半鐘を二度鳴らして火事が終わった合図としていた。
    そのため、半鐘の「ジャン」というと「おしまい」の意味から、おじゃんになったというものである。
    この説の「おしまい」の意味から、という点は理解できる。
    しかし、半鐘は火事が終わったという良い意味の合図で、途中で物事が駄目になる「おじゃん」とは正反対の意味となるため考え難い。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。