十二指腸/じゅうにしちょう

十二指腸の意味

十二指腸とは、胃の幽門に続く小腸の最初の部分。

消化器系臓器

消化器系臓器

十二指腸の由来・語源

十二指腸は、を12本横に並べたくらいの長さという意味で命名された。
日本初の西洋医学の翻訳書である『解体新書』(1774年)には、「十二指腸は其の長さ十二の指の横径の如くして、胃の下口に接す」と書かれている。
ただし、十二指腸の実際の長さは25~30cmで、指12本分の長さよりもやや長い

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。