お茶の子さいさい/おちゃのこさいさい

    意味

    お茶の子さいさいとは、物事がきわめて容易にできるたとえ。

    お茶の子さいさいの語源・由来

    お茶の子さいさいの「お茶の子」とは、お茶に添えて出される茶菓子のことで、簡単に食べられることから簡単にできる喩えとなった。
    また、朝食の食べる「茶粥」のことを「お茶の子」と言う地方があり、そこから「朝飯前」の意味になったとする説もある。
    「さいさい」は、俗謡の「のんこさいさい」という囃子詞をもじったものである。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。