台無し/だいなし

台無しの意味

台無しとは、物事が駄目になること。

台無しの語源・由来

台無しの「台」は、仏像を安置する台座のこと。
台座が無ければ仏像の威厳が無くなることから、面目を失うことや、形をなさないことを「台無し」と言うようになった。
古くは、ひどくいたんで形をなさない意味で主に用いられた語だが、現代では物の形だけでなく、「計画が台無しになった」など広い意味で駄目になることを表すようになった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。