天ぷら/てんぷら

天ぷらの意味

天ぷらとは、・貝・野菜などに、小麦粉をで溶いた衣つけてで揚げた料理

天ぷらの語源・由来

天ぷらは、室町時代に日本に入ってきた南蛮料理の一種。
天ぷらの語源には、ポルトガル語で「調理」を意味する「tempero」や、スペイン語で「天上の日(鳥獣のが禁じられ、魚肉の揚げ物を食べる)」を意味する「templo」のほか多くの説があるが、決定づける文献もなく、正確な語源は分かっていない。

天ぷらの漢字「天麩羅」は、「天」が「天竺(てんじく)」、「麩」は「小麦粉」、「羅」は薄い衣を表し、天竺から来た浪人売る小麦粉の薄物という意味で、江戸時代に戯作者の『山東京伝』が考えたものとされる。
「天婦羅」の漢字は、「天麩羅」の当て字を変えただけのものと考えられる。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。