蒙古斑/もうこはん

    意味

    蒙古斑とは、乳幼児の臀部などに見られる薄あざ。小児斑。児斑。

    蒙古斑の由来・語源

    蒙古斑の「蒙古」の意味は、「モンゴル(人)」ではなく「モンゴル人種(黄色人種)」。
    1885年、ドイツのエルヴィン・フォン・ベルツが、モンゴロイド(黄色人種)の特徴として「Mongolian Spot」の名で発表したことから、このあざを「蒙古斑」と呼ぶようになった。
    この発表以前の日本では、蒙古斑ができる原因を、妊娠中の性交により内出血した跡と考えられていた。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。