水入らず/みずいらず

意味

水入らずとは、内輪の者だけで集まり、他人をまじえないこと。「夫婦水入らず」「親子水入らず」と用いる。

水入らずの由来・語源

水入らずは、質が違っていてしっくり解け合わないさまを「油に水」というのに対し、親しい者だけが集まった状態を、が入っていないとたとえた言葉
つまり、「水入らず」で水が混じっていないといっているものは油で、油が「内輪の者」「親しい者」、水が「他人」を表している。

TOP