桑名市/くわなし

意味

桑名市とは、三重県の北部に位置する市。成立は昭和12年。

桑名市の語源・由来

桑名の地名は『日本書紀』に見られるのが古い
桑名は木曽三川(木曽川、長良川、揖斐川)の河口域にあり、洪水によって砂礫層がえぐられ、穴状の窪地を形成したことから、「クエアナ(崩穴)」が変化した説が有力である。
かつては、「クワ)」+「ナ(土地)」が有力とされてきたが、現在では、太古の「土地」を表す「ナ」が現存地名には残っていないと考えられている。
また、「桑野」が変化した説もあるが、貝塚の多い地に桑のが生い茂るというのは疑問である。
その他、桑名開発の祖である上代の豪族・桑名首(おびと)の名前に由来する説もあるが、豪族の名が地名からとられたと考えるのが妥当であろう。

桑名市のシンボル

市のハナミズキ
市のハナショウブ

三重県の市町名

津市四日市市伊勢市/松阪市/鈴鹿市/名張市/尾鷲市/亀山市/鳥羽市/熊野市/いなべ市/志摩市/伊賀市/木曽岬町/東員町/菰野町/朝日町/川越町/多気町/明和町/大台町/玉城町/度会町/大紀町/南伊勢町/紀北町/御浜町/紀宝町

TOP