小春日和/こはるびより

小春日和の意味

小春日和とは、初冬のあたかものような穏やかで暖かい日和。

小春日和の由来・語源

小春を「春先」の意味と誤解し、春先の暖かくなり始めた頃に「小春日和」を使う人が多いが、春に使うのは誤用。
「小春」は、陰暦10月(新暦の10月下旬から12月上旬頃)の異名である。
この頃には、穏やかで暖かいが続き、あたかも春のようであることから「小春」という。
そのため、小春日和は11月頃の穏やかで暖かい天気の意味となる。
小春日和のほか、「小春空」や「小春凪」など「小春」のつく言葉は、の季語である。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。