キキョウ/桔梗/ききょう

意味

桔梗とは、キキョウ科の多年草。当たりの良い山野に自生する。からにかけて、の釣鐘形のをつける。根は漢方で薬用。秋の七草のひとつ。

桔梗の語源・由来

キキョウは、薬草としての漢名「桔梗」を音読みした「キチコウ(キチカウ)」が変化した語。
漢名「桔梗」の語源は、乾燥した根が硬いという意味に由来する。
キキョウは日本在来種で、古名には「アサガオ(アサガホ)」や「アリノヒフキ」「オカトトキ(ヲカトトキ)」があり、『万葉集』で秋の七草として歌われているアサガオは、キキョウのことと考えられている。

桔梗の別名・類語

キチコウ/紫花/岡止々岐/朝顔/蟻の火吹き/嫁取り花/バルーンフラワー/チャイニーズベルフラワー

TOP