カツオノエボシ/鰹の烏帽子/かつおのえぼし

意味

カツオノエボシとは、ヒドロ虫綱カツオノエボシ科の海産動物。普通のクラゲと異なり、多くのヒドロ虫が集まって一つの群体をつくっている。刺胞の毒はきわめて強い。電気クラゲ。

カツオノエボシの語源・由来

カツオノエボシの「エボシ」は、気胞体(浮き袋)が烏帽子に似た形をしていることから。
このクラゲは、漁師が初ガツオを釣りに出始める頃に多く見られるようになるため、カツオとともに現れる烏帽子の形をしたクラゲの意味で、「カツオのエボシ」と呼ばれるようになった。

カツオノエボシの別名・類語

電気クラゲ/ポルトガルの軍艦/クダクラゲ/クラゲ

TOP