キンギョ/金魚/きんぎょ

    意味

    金魚とは、コイ科のでフナの突然変異種の交配によって生まれた観賞用の淡水魚。

    金魚の由来・語源

    『大草殿より相伝聞書』に「金魚とは口の黄なる鯉の事にて候」とあり、これを基に「黄の魚」が「黄ん魚」となり「金魚」に転じたとする説もあるが、光り輝くを「金」と表現したと考えるのが自然である。
    金魚は文亀2年(1502年)に中国から現在の大阪府堺市に渡来したもので、原産地の中国では1世紀頃から「金魚(チンユウイ)」と呼ばれている。
    また、金魚の学名「Carassius auratus」は「黄金色の魚」の意味で、英語でも「goldfish(ゴールドフィッシュ)」、韓国語でも「金魚(キムポン)」という。

    「金魚」の別名・種類

    1

    2

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。