今川焼き/いまがわやき

今川焼きの意味

今川焼きとは、小麦粉、、砂糖をで溶いたものを、銅版の焼き型に流し入れ、餡を入れて焼いた菓子

今川焼きの由来・語源

今川焼きの「今川」は、江戸の今川橋のことで、この付近の店で売り出されたことによる命名。
今川家の家紋である巴形が浮き出ることからという説もあるが、江戸時代の文献には巴形の記述が見られないため、これが由来とは考え難い。
今川焼きには、二重焼き・大判焼き・巴焼き・義士焼き・回転焼き・太鼓饅頭・文化焼き・大正焼き・復興焼き・自由焼き・夫婦まんじゅう・ふーまん・御座候ほか、多くの異名があり、その形状や作られた時代などを反映した名前が付けられている。
型をの形にした菓子の「たい焼き」も、今川焼きの一種である。

「今川焼き」の別名・類語

1

2

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。