金鍔/きんつば

意味

きんつばとは、きんつば焼きの略で、小麦粉の薄いで餡を包み、鉄板の上で焼いた和菓子。

きんつばの由来・語源

現代のきんつばは四角形のものが多いが、日本刀の鍔のように丸く平らな形をしていたことから、この名前がある。
鍔の形の菓子を作るのは、唐菓子にヒントを得たものと考えられている。
きんつばの「きん(金)」は何かと言うと、「ぎんつば(銀鍔)」に対しての「金」である。
1600年代末に、うるち米の粉を皮にして、赤小豆の餡を包んで焼いたものが京都に登場し、そのと形から「ぎんつば(銀鍔)」と呼ばれていた。
これが江戸に伝わった際、「銀よりも金だ」ということで「きんつば」となり、そのに皮も小麦粉に変わった。
四角形のきんつばが登場したのは、文化年間(1804~1817)の末頃、浅草馬道の「おかめのきんつば」というから売り出された「みめより」という名のきんつばで、外見よりも中身の良さで人気を博した。
この頃、日本橋の魚河岸付近の屋台できんつばを売っていたのが、老舗和菓子店「榮太樓總本鋪」の元祖といわれる。

「きんつば」の別名・類語

1

2

TOP