ゴールデンウィーク

ゴールデンウィークの意味

ゴールデンウィークとは、4月末から5月初めにかけて、一年中で国民の祝日が一番多い大型連休。

ゴールデンウィークの由来・語源

ゴールデンウィークは、1951年(昭和26)、現在のゴールデンウィークにあたる期間に上映された映画『自由学校』が正月お盆興行よりヒットしたのを期に、多くのに映画を観てもらおうと、当時、大映専務であった松山英夫氏による造語で和製英語。
「ゴールデンウィーク」という呼称の由来は、ラジオで最も聴取率の高い時間帯「ゴールデンタイム」に習ったもので、当初は「黄金週間」と言われていたが、インパクトに欠けることから「ゴールデンウィーク」となった。

その他の語源には、4月末から5月初旬にかけ、ロッキー山脈の解けで砂金が沢山採れたため、その時期は金鉱探しに人々が流れ、休日状態になってしまったことから付けられたとする説。
『東方見聞録』の中で、日本を「黄金の国ジパング」と紹介したマルコ・ポーロが、日本に来日したのが5月初めであったことから、「ゴールデンウィーク」と名付けられたなどの説もあるが、いずれも俗説である。

ゴールデンウィークに続き、11月3日の文化の日を中心とした休暇や催し物の多い一週間を「シルバーウィーク」と命名したが、この言葉は定着せずに消えていった。(2009年から、9月の大型連休で使われるようになっているが、直接的な関係はない)

「ゴールデンウィーク」の別名・類語

1

2

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。