下駄/げた

意味

下駄とは、木製の板に三つの穴をあけて鼻緒をすげ、下面に歯をつけた履物。

下駄の由来・語源

下駄は中世末から見られる語で、それ以前は「足駄(あしだ)」又は「木履(ぼくり)」と呼ばれた。
近世以降、上方では区別なく「下駄」と呼んでいたが、江戸では歯の高いものを「足駄」、低いものを「下駄」と呼んでいた。
このことから、下駄の「下」は「低い」の意味で、「駄」は「足駄」からの転用と考えられる。

【関連リンク】
「下駄」「草履」「雪駄」「わらじ」の違い


TOP