ドレミファソラシド

    意味

    ドレミファソラシドとは、西洋音楽の音階。長音階。

    ドレミファソラシドの由来・語源

    ドレミファソラシドはイタリア語で、日本語では「ハニホヘトイロハ」、英語では「CDEFGABC」となる。
    ドレミの音階を使ったものでは、『サウンド・オブ・ミュージック』の「ドレミの歌」が有名であるが、起源となったのは「バプテスマのヨハネ賛歌」である。
    「バプテスマのヨハネ賛歌」は、各節が一音ずつ高くなるため、各節の歌詞の最初の音節を元に、11世紀イタリアの修道僧で音楽教師でもあったグィード・ダレッツオが、「ドレミファソラシ」を作ったとされる。

    「バプテスマのヨハネ賛歌」のラテン語歌詞は以下の通り。
    Ut queant laxis
    Resonare fibris
    Mira gestorum
    Famili tuorum
    Solve Polluti
    Labii reatum
    Sancte Johannes

    「Ut」は口調を良くするため「do」に、「Sancte Johannes」は聖ヨハネのフランス名「Saint Ian」から「si」に変えられ、「ドレミファソラシ」ができた。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。