リンドウ/竜胆/りんどう

リンドウの意味

リンドウとは、リンドウ科の多年草。山野に自生。は披針形で対生する。笹竜胆(ササリンドウ)。リュウタン。リュウドウ。

リンドウの由来・語源

リンドウは、漢名「竜胆」の音読みが変化した語。
平安時代には「りむたう」「りんたう」「りんだう」「りうたむ」など表記は一定していないが、実際は「リンダウ」に近い発音だったと考えられている。
漢名の「竜胆」は、根の味がの胆のように苦いことから名づけられたもので、漢方では干した根を健胃にする。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。