チョーク/chalk

意味

チョークとは、石灰の粉末などをで練って状に固形化した筆記具。黒板に書くのに使う。白墨。

チョークの語源・由来

チョーク(chalk)は、元々、石灰岩の一種である「白亜」を意味する語である。
チョーク(白墨)が工業生産される以前は、白亜を切り出し筆記具として使用していたことからこの名がある。

チョークの別名・類語

白墨/チャコ/クレヨンパステルパステル鉛筆クレパスコンテ/クーピーペンシル/ダーマトグラフ/鉛筆鉛筆/顔彩/藍蝋/藍棒

TOP