草履/ぞうり

意味

草履とは、藁・藺草・などを編んで、鼻緒をすげた履物。ビニール・ゴム・コルク・ウレタンなどで作ったものがある。じょうり。

草履の由来・語源

草履は、古代中国で藁の履物を表した語。
日本で「草履」の語が見られるのは、奈良時代の『西大寺資材流記帳』が古い
平安時代の辞書『和名抄』には「草履 佐宇利」とあり、『日葡辞書』では「ジャウリ」と読ませている。
「サウリ」と呼んでいたものが「ジャウリ(じょうり)」となり、「ザウリ(ぞうり)」に転じたのであろう。

【関連リンク】
「下駄」「草履」「雪駄」「わらじ」の違い


TOP