ウコン/鬱金/うこん

意味

ウコンとは、ショウガ科の多年草。熱帯アジア原産。黄色い根茎はカレー粉の原料となるターメリックや、沢庵漬けやバターの黄色染料にし、漢方では止血・健胃薬にされる。

ウコンの由来・語源

ウコンは、漢名「欝金」の字音「ウッコン」が音変化した語。
漢名の「欝金」は「鮮やかな黄色」を意味し、ウコンの学名「Curcuma(クルクマ)」も「黄色」を意味するアラビア語「kurkum」からである。
沖縄でウコンは「ウッチン」と言い、「ウッチン」も「ウッコン」の音変化と考えられる。
チューリップを「欝金香」というが、「欝金香」は字音のまま「ウッコンコウ」と読む

「ウコン」の別名・類語

1

2

TOP