定家煮/ていかに

定家煮の意味

定家煮とは、(特に)をもしくは焼酎で煮た料理

定家煮の由来・語源

定家煮は江戸時代に流行した料理で、鎌倉初期の歌人の藤原定家の名に由来するが、藤原定家が料理の考案者という訳ではない。
この料理に「定家」の名が付くのは、定家の「来ぬ人を待つほの浦の夕なぎに焼くや藻塩の身も焦がれつつ」というの歌意からか、藤原定家がいかにも好みそうだというところからといわれ、当時の人気がうかがえる料理名である。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。