脛/臑/すね

意味

すねとは、からくるぶしまでの部分。特に、向こう脛をいう。

語源・由来

すねの語源には、「脚茎骨(あしぐきほね)」の意味、「進根(すすみね)」の意味、「足根(あしね)」の意味と諸説ある。
古くは「はぎ」と言ったが、「はぎ」から「すね」への音変化は考えられないため、上記のように「すね」としての意味のある語が音変化したと考えられる。

別名・類語

はぎ/小脛/すねはぎ/膝下/諸脛/向こう脛弁慶の泣き所/むかはぎ/ふくらはぎ/こむら/こぶら/小腿/カーフ/

TOP
テキストのコピーはできません。