蝋燭/ろうそく/ロウソク/ローソク

    意味

    ろうそくとは、糸や紙縒りを芯にして、蝋を固めた円柱状の灯火用具。

    ろうそくの由来・語源

    蝋燭は中国から渡来したもので、漢音は「らふしょく」という。
    「らふ」は字音仮名遣いのため「らう」「ろう」と変化し、「しょく」は呉音で「そく」となった。
    中世頃には、蝋燭を「おらっそく」「らっそく」「らんそく」と呼んでいた例も見られる。
    「蝋」は植物などからとる脂肪に似た物質のことで、「燭」は「明かり」を意味する。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。