廊下/ろうか

廊下の意味

廊下とは、部屋と部屋をつなぐ細長い通路。

廊下の由来・語源

「廊」は殿舎から殿舎に通じる通路(渡殿)や、屋根・ひさしがある通路(渡り廊下)をいった語で、現代の「廊下」と基本的な意味は同じである。
その「廊」に「下」が付くようになった由来は未詳であるが、「屋根の下の通路」という意味が影響したか、「内側」の意味の「下」と思われる。
乗せたり掛けたりする意味の「架」を用いた「廊架」という表記も見られる。
「廊下」も「廊架」も和製熟語なので、「廊(ろう)」をいつしか「ろうか」と呼ぶようになり、当て字として「廊下」や「廊架」が使われるようになったとも考えられる。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。