オシドリ/鴛鴦/おしどり

意味

オシドリとは、カモ目カモ科の水鳥。メスは地味な灰褐色だが、繁殖期のオスは美しく、「銀杏羽(いちょうば)」と呼ばれるイチョウの葉形をした飾り羽をもつ。

オシドリの語源・由来

オシドリの雌雄がいつも一緒にいるところから、仲むつまじい夫婦を「おしどり夫婦」とたとえて呼ぶほど、オシドリはメスとオスの仲の良さが印象的なである。
そのため、オシドリはオスとメスが互いに愛し合う鳥で、「ヲシ(愛)」が鳥の名になったものと考えられている。
オシドリの漢字の「鴛鴦」は、「鴛(えん)」がオス、「鴦(おう)」が「メス」のオシドリを表している。

オシドリの別名・類語

えんおう/おし/おしかも/かしどり/紫鴛/菅鳥/顔鳥

関連リンク

TOP