ハト/鳩/はと

意味

ハトとは、ハト目ハト科のの総称。が小さく、ずんぐりとした体型。翼が発達してよく飛ぶ。

ハトの由来・語源

ハトの語源には鳴き声に由来する説もあるが、飛ぶ際の羽音「はたはた」か、「はやとり(速鳥)」に由来する説が有力と考えられている。
ただし、奈良時代からハト類は「はと」と呼ばれており、特定は難しい。
漢字の「鳩」は鳴き声に由来し、「九」が「クック」「クルックー」というハトの鳴き声を表すという。

「ハト」の別名・種類

1

2
TOP