オダマキ/苧環/おだまき

    意味

    オダマキとは、キンポウゲ科の多年草。高山に自生するミヤマオダマキを観賞用に栽培改良されたもの。

    オダマキの由来・語源

    オダマキは、つむいだ麻糸を空洞の玉のように巻いた「苧環」に由来する。
    オダマキのは内側に曲がって満開せず、丸みのある形をしていることから、「苧環」に見立てられて付いた名前である。
    また、オダマキは別名を「糸繰草(イトクリソウ)」と言うが、「糸繰り」は紡いだ糸を巻きつけた糸巻きのことである。

    糸巻きの苧環

    糸巻きの苧環

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。