ちょっかい

意味

ちょっかいとは、横合いから干渉すること。たわむれに異性を口説くこと。特に、男性が女性に言い寄ること。「ちょっかいを出す」「ちょっかいをかける」と用いる。

ちょっかいの由来・語源

本来、ちょっかいはネコが片方ので物を掻き寄せる動作を意味する語であった。
そのことから、ちょっかいの「ちょっ」は「ちょっと」の意味。「かい」は「掻き」の意味で、「ちょっ掻き」のイ音便化と考えられる。
ネコが物を掻き寄せる動きから、余計な手出しをすることを「ちょっかい」と言うようになり、を出すなど側から干渉する意味に転じた。
さらに、異性に言い寄る意味でも、「ちょっかい」の語は使われるようになった。
古くは、、特に手先を卑しめていう言葉として「ちょっかい」が用いられており、1603年の『日葡辞書』には「歪み曲がってちぢかんだ手」とある。


TOP