ナヨシ/名吉/なよし

なよしの意味

なよしとは、ボラの若魚でイナのこと。または、ボラ。みょうぎち。

なよしの由来・語源

ボラは成長するにつれて名前が変わる出世魚で、めでたいなので「名吉」の意味から付いた名といわれる。
古くから、なよしは正月しめ縄に挿して祝ったり、七五三祝いに用いるなど、めでたい魚とされており、「みょうぎち」とも呼ばれていたことから「名吉」の意味に違いないが、「イナ」の別称であることを軸にするならば、「イナ」が「否」に通じることから、美称の「名吉」にしたと考える方が良いであろう。
古くから伊勢地方では、ボラを豊漁祈願や八幡祭に奉納しており、伊勢やその周辺地域では、「イナ」に限らず「ボラ」を「なよし」と呼ぶことから、伊勢で生まれた呼称とも考えられている。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。