苦汁/滷汁/にがり

にがりの意味

にがりとは、海水から食塩を結晶させたとき、後に残る苦みをもつ溶液。

にがりの由来・語源

にがりは、に含むと苦いことから、「苦々しいをする」という意味の動詞「苦る(にがる)」が名詞形になったもので、苦塩(にがしお)とも呼ばれる。
にがりは古くから、豆腐の凝固剤や建築材料に用いられている。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。