奈落の底/ならくのそこ

意味

奈落の底とは、地獄の底。抜け出すことのできない状態や立場。

奈落の底の由来・語源

奈落の底の「奈落」は、サンスクリット語「naraka(ナラカ)」の音写「奈落迦」が転訛した語で、「那落」「捺落」とも表記される。
本来は仏教語で、地獄や地獄に落ちることを意味し、転じて、物事のどん底や底知れない深い場所の意味で使われるようになった。
「奈落の底」は、どん底を強調する意味で「底」が付けられたものである。
また、劇場の舞台や花道の床下のことも「奈落」と言う。
これは、回り舞台やせりなどの仕掛けが置かれていた場所が真っ暗なため、奈落にたとえたものであり、舞台の床下が奈落の底の語源ではない。


TOP