最中/もなか

もなかの意味

もなかとは、薄く焼いた糯米(もちごめ)製のの中に餡を詰めた菓子

もなかの由来・語源

もなかは、江戸吉原の菓子屋 竹村伊勢が、満月をかたどった「最中の月(もなかのつき)」という煎餅のようなものを作り、それが省略されて「最中(もなか)」となった。
最中の月とは、陰暦十五夜(中秋の名月)のことで、平安時代の歌集『拾遺集』には、「水の面に 照る月なみを かぞふれば 今宵ぞ秋の もなかなりける」とある。
その他、真ん中に餡が入っているため、中央を意味する「最中(さいちゅう)」を語源とする説もあるが、もなかに餡が入ったのは「最中の月」が作られた以降のことである。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。