右/みぎ

    意味

    右とは、相対的な位置のひとつ。北を向いたにあたる方。左の対。

    右の由来・語源

    右の語源は、で物を握る方なので「にぎり(握り)」が転じたとする説が有力とされている。
    その他、右の方が力が強いことから、「もちきり(持切)」の意味。
    右はを向いた時に西にあたり、の沈む方なので「みきる(見限)」の意味。
    かばうようにして物を持つ手なので、「みふせぎ(身防)」の意味など諸説ある。
    右を古くは「みぎり(右り)」とも言いったが、「みぎり」が略され「みぎ」になったものか、「ひだり(左)」に合わせて「みぎ」を「みぎり」と言ったものか分かっていない。
    また、『名義抄』の「右 ミキ」のように濁音化されていない例も見られ、語源の特定は非常に難しい。

    漢字の「右」は、を手でかばうことを示したものである。
    ただし、和語の「みぎ」と直接関係するものではないので、漢字の由来から「みぎ」の語源を「みふせぎ(身防)」とすることもできない。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。