一張羅/いっちょうら

    意味

    一張羅とは、持っている衣服の中で、最も上等のもの。一枚しか持っていない衣服。

    一張羅の語源・由来

    一張羅は「一挺蝋(いっちゃうらう)」が訛った語。(「いっちゃうらう」は現代仮名では「いっちょうろう」)
    一挺蝋とは、まだろうそくが高価なものであった時代、予備のない一本だけのろうそくをいった言葉である。
    そのため、現代でも「一張羅」を「一丁蝋燭(いっちょうろうそく)」という地方がある。
    この「一挺蝋」から、江戸末期には「たった一枚の羅(うすぎぬ)」という意味で、「一張羅」が用いられるようになった。
    さらに、一枚しかない衣服の意味から転じ、持っている衣服の中で一番よいものも「一張羅」と言うようになった。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。