ヨモギ/蓬/艾/よもぎ

    意味

    よもぎとは、キク科の多年草。山野に生える。は羽状の切れ込みがあり、裏面にがある。若葉はにつき込んで草餅に、成長したは灸に用いるもぐさにする。餅草。

    よもぎの由来・語源

    よもぎの「よ」は「ますます」を意味する「いや・いよ(弥)」、もしくは「よく(善)」の意味。
    「も」は「萌える」か「燃える」の意味で、「ぎ(き)」は茎のある立ち草の意味。
    つまり、よもぎの語源は「いよいよ萌え茂った」か「よく燃える草」の意味からである。
    「もぐさ」の語源が「燃え草」にあるため、よもぎの語源も「よく燃える草」の説ととることも出来る。
    しかし、自然な状態から考えれば、その旺盛な繁殖力から「いよいよ萌え茂った草」の意味の方が良いであろう。
    よもぎは香りが強いことから邪気を祓うものとされ、古く、5月5日の端午の節句にはショウブと共に軒にさしたり、くす玉にした。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。