長丁場/ながちょうば

意味

長丁場とは、ひとつの事柄が長く続くこと。長い時間のかかる物事。

長丁場の語源・由来

長丁場の「丁場」は、「町場」「帳場」とも書き、宿場と宿場との間の距離を意味した。
元々は、宿場間の距離が長いことを「長丁場」と言っていたが、長い距離を行くには時間がかかることから、仕事などで長時間かかることも「長丁場」と言うようになった。

長丁場の類語・言い換え

長い/長期/長期間/果てしない/延々/長い間/長らく/長たらしい/長期戦/小田原評定/ぶっ続け/ぶっ通し/マラソン

TOP