塩/しお

塩の意味

塩とは、しょっぱい味のい結晶。塩化ナトリウムを主成分とする調味料。

塩の由来・語源

塩は『倭名類聚鈔』にも出てくるほど古い語のため、正確な語源は明らかになっていない。
しかし、塩は主に海水から作られるため、海水を意味する「潮(しほ・うしほ)」が妥当である。
また、塩が「うしほ」と呼ばれた例もあることから、古くは塩と潮が混同されていた可能性もある。

【関連リンク】
塩のカロリー・栄養成分表
塩を使ったレシピの一覧

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。