イイダコ/飯蛸/いいだこ

イイダコの意味

イイダコとは、マダコ科のタコ。全長約25センチ。佃煮や干し蛸にする。イシダコ。

イイダコの由来・語源

イイダコの産卵期は、から先。
この時期に雌を煮ると、胴の中に粒がいっぱい詰まっているように見えることから「飯蛸」の名がついた。
方言で、イイダコを「コモチダコ(子持ち蛸)」と呼ぶ地域もある。

【関連リンク】
イイダコのカロリー・栄養成分表

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。