雛人形/ひな人形/ひなにんぎょう

意味

雛人形とは、ひな祭りに飾る人形。おひなさま。ひな。内裏雛・三人官女・五人囃子・随身・衛士などを一組とすることが多い。

雛人形の語源・由来

雛人形の「雛」は、「小さい」や「愛らしい」の意味からの呼称で、元々はひよこをかたどった人形であったということではない。
雛人形の起源は、平安時代に始まった、けがれや災いを移して流す「人形(ひとがた)」とされる。
当時の雛人形は、紙や土で作った立ち雛で、座り雛になったのは室町期頃から。
3月3日の桃の節句に雛人形を飾るようになったのは、江戸時代以降のことである。

雛人形の別名・類語

お雛様/ひな/ひいな/雛飾り/夫婦雛/内裏雛/内裏/お内裏様/男雛/女雛/三人官女/五人囃子/随身/衛士/仕丁/三人上戸/稚児雛/姫瓜雛/狩衣雛/装束雛/座り雛/立ち雛/宿禰雛/紙雛/糸雛/掛け雛/絵雛/芥子雛/豆雛/小雛/変わり雛/菊雛/古今雛/関東雛/京雛/鴻巣雛/越谷雛/初雛/形代/人形/ひな祭り/桃の節句

関連リンク

TOP