ハス/蓮/はす

意味

ハスとは、ハス科の多年生水草。、水上に花茎を伸ばし、紅・淡紅・などの大きなを開く。地下茎のレンコンや種子は食用。

ハスの語源・由来

ハスは古名を「ハチス」といい、『古事記』にも「波知須(ハチス)」の形で見られる。
これが促音化して「ハッス」となり、「ハス」となった。
「ハチス」は「蜂巣」の意味で、ハスの花が散った後、肥大した花托に種子ができるが、その種子の入る穴が「ハチの巣」に似ていることからの命名である。

ハスの花托


ハスの別名・類語

蓮華/ハチス/水芙蓉/不語仙/池見草/浮き葉/君子花/つれなし草/唐棣花草/水の花/水草/みずき草/水湛草/ロータス/レンコン

関連リンク

TOP